指揮者プロフィール
 
ちば室について
演奏会情報
団員専用ページ
 
高橋利幸
高橋利幸_写真  尚美高等音楽院(現 尚美学園大学)専攻科卒。指揮法を斉藤秀雄メソードにより桐朋学園大学の高階正光氏に師事。在学中より女声合唱団「コール・メーティス」を指揮、定期演奏会のほかコンクール入賞、ラジオやテレビ番組への出演等のほか、オンステージ新聞等で「珠玉の女声合唱」と賞賛され、合唱指揮リサイタルでは作曲家・中田喜直氏から「生涯忘れられぬ演奏」と評される。卒業後は、母校(尚美学園)の指揮科講師として後進の育成にあたるとともに、習志野一中スクールオーケストラの指導者として全国コンクールでの優勝9回を数える。 当時の教え子には、世界で活躍中のヴァイオリニスト漆原朝子をはじめ、新日本フィルの吉永雅人(ホルン)、大阪フィルの林口眞也(チェロ)などプロとして活躍している者も多い。
 「習志野青少年交響楽団」を率いて北京・上海での演奏会、「習志野ユースフィル」(現・習志野シティフィル)創設、「国民文化祭ちば」での音楽担当、現在は「ちば室内管弦楽団」の音楽監督、女声合唱団「ねむの花」指揮者、指揮法講座講師、各種音楽会・管弦楽・吹奏楽指導講師として数多くの曲の指揮・指導にあたり、 幅広く音楽の普及に努めている。

 また、(財)千葉県文化振興財団在籍中に「東総の第九」「県民合唱団のレクイエム」などを企画プロデュースし、ベートーヴェン「第九」「荘厳ミサ曲」、モーツァルト、フォーレ、ヴェルディの「レクイエム」、マーラー「復活」、ヘンデル 「メサイア」、バッハ「ロ短調ミサ曲」 など合唱付き大曲の指揮者としても活躍している。さらに、1999年には中学生のドイツ語歌唱によるベートーヴェン/交響曲第9番「合唱」を白井市立七次台中学校3年生の合唱により全曲演奏をし、2000年には佐藤眞の大曲「カンタータ 土の歌」を同じく白井市立七次台中学校の合唱団との共演により、中学生本邦初演の演奏を指揮する。
 最近は、音楽教育と指揮活動の両面に力を注ぎ、齋藤秀雄メソードによる指揮法講座、紀尾井ホールでのベートーヴェンシリーズ、合唱による忘れられない名曲シリーズ、ルーテル市ヶ谷ホールでのニューアーティストコンチェルトシリーズのプロデュースと指揮をとおして、若い芸術家の発掘に力を注いでいる。
 現在、ちば室内管弦楽団・女声合唱団ねむの花 芸術監督、学校法人尚美学園 理事・評議委員、尚美エグゼクティブレッスン指揮法講師、日本学校合奏コンクール委員会事務総長、全日本小学校管楽器教育研究会相談役。


指揮者 高橋利幸HP

齋藤秀雄メソードによる指揮法講座(Nミュージックプランニングオフィス)